Le vide-dressing de Boras
LEATHER ARTS & CRAFTS MOTO 6inches LACE UP BOOTS #1640 - sz 3

LEATHER ARTS & CRAFTS MOTO 6inches LACE UP BOOTS #1640 - sz 3

300 EUR
LEATHER ARTS & CRAFTS MOTO 6inches LACE UP BOOTS 

modèle #1640

sz 3 - 44,5 / 45 (outsoles 32cm / insoles 29  j'ai fait les mesures)

calf leather / hand-made dyed

semelle vibram #2060 (ma favorite sur les visvim)


On est ici sur tout ce qui fait la magie des labels japonais dont entend(ra)  jamais parler en Europe. LAC Moto est un label qui repose sur l'excellence du savoir faire et avec une esthétique vraiment forte, je pense que les photos parlent d'elles-mêmes.

Je ne fais pas le marchand de tapis, ça a été un gros bad de les recevoir et réaliser qu'elles étaient trop grandes. Elles ont été un grail pendant longtemps et les voir en vrai sans pouvoir les porter ouch ^^

C'est une paire qui ira aussi bien dans un style workwear brute que adouci pour un port urbain. elles sont à mes yeux d'un même niveau que des marques comme Viberg / Alden & co. La semelle vibram apporte aussi une touche qui peut permettre de les détourner dans des tenues sreet heritage.

Une pièce à la limite de l'artisanat

ici l'histoire de la marque :

・HISTORY
1971年、本池秀夫はオーダーメイド中心のレザーブランド、LEATHERARTS & CRAFTS MOTOを創業。その後、ヨーロッパへ放浪の旅に出かけ、旅先のイタリアで古い陶器の人形に出会い、人形師への道を決めた。帰国後、あくまで革という素材にこだわり、師匠も手本もなく、ただ作りたいという情熱とイメージを頼りに道具作りから始めた。
日々の試行錯誤を重ねた結果、アーリーアメリカンの古き良き時代の人々の生活を描き続けた画家ノーマンロックウェル氏のノスタルジックな世界とイタリアで出会った磁器人形のリアリズムが同居したような作品が出来上がった。
1976年、アメリカ建国200年祭の折、ノーマンロックウェル展が東京で開催され、本池秀夫の人形が共に展示された。これが<革の人形>という新しいジャンルが世に出るきっかけとなった。
1997年、レザーアーティスト本池秀夫を父に持ち、幼い頃から革に慣れ親しんで育った本池大介、作人兄弟によってLEATHER & SILVER MOTOが始まる。革細工に加え、大介はイタリア・フィレンチェで学んだ彫金技術を活かし、作人はアカデミックな彫刻を学んできた経験を活かし、伝統と革新をテーマにプロダクトを発信している。
2011年、設立40周年を迎え、MOTOのROOTS(本池秀夫のライフスタイル)を提示するプロジェクト「MOTOR」を始める。人形作品に見られるアンティークの世界観から、趣味であるモーターサイクルカルチャー、物作りに影響を受けたミリタリーやネイティブアメリカンなどをテーマに本池秀夫のディレクションの基、プロダクトを発表。
2013年、「MOTO」と実験室を意味する「LABORATORY」を組み合わせてネーミングしたプロジェクト「MOTORATORY」を始める。MOTOの40年の歴史から培った技術を継承しながら、新たな挑戦と実験的な試みを目的とした表現の場である。